子どもが走り回るのには理由があった!【臨床心理士さん直伝の対処法あり】

走り回る子記事アイキャッチ画像 子育て

走り回る子ども、落ち着きがない子どもを持つパパ・ママは買い物に行くのも大変ですよね。私もそうでした。

息子は赤ちゃん時代から常に動いている子で、1、2歳の頃はいろんなところを走り回っていました。

3歳近くになっても全く落ち着く様子もなく、言葉が出るのも遅かったので、2歳10ヶ月の時に臨床心理士さんと面談することになりました。

【関連記事】
言葉が遅い男の子。その後どうなった?【0歳〜4歳までの発達経過】
2歳で喋らない子は個人差?問題あり?3つの問いかけで簡単チェック【臨床心理士から聞いた】

いつになったら走り回らなくなるんだろう、もしかしてなにか問題があるのかな?

と不安になっていたのですが、臨床心理士さんとの面談で不安な気持ちが軽くなりました。

同じように悩んでいるパパ・ママの参考になればと思い、今回この記事を書きました。

心理士さんからたくさんのアドバイスをいただきましたので、参考になれば嬉しいです。

あくまでも私が個人的に心理士さんから聞いた話ですので、こちらの内容がすべて正しいわけではありません。気になることがあれば、直接発達相談されることをおすすめします。
スポンサーリンク

なぜ走り回るの?落ち着きがないの?

臨床心理士さんによると、

そもそも走り回ったり、落ち着きがないのは小さい子の特徴。脳が次々に動き回るように指令を出しているから、仕方がない。

とのことでした。

にし子
脳からの指令だったなんて、びっくりです。
心理士さん
成長とともに落ち着くことがほとんどです。落ち着く時期にも個人差があって、1歳半で落ち着く子もいれば、3歳過ぎまでかかる子もいますよ。中には軽い障害のあらわれとして「落ち着きのなさ」が出ることもありますけどね。
【追記】うちの子は現在4歳になりましたが、心理士さんの言う通り、走り回ることもなくなり、今では買い物もだいぶ楽になりました!
スポンサーリンク

呼びかけても走り回る子どもはどうする?

走り回ったり、興奮して落ち着きのない状態だと、

  • 呼びかけても反応がない
  • こちらを全然振り向かない

という子も多いそうです。

にし子
耳は聞こえてるのに、なに言っても無視されるんですが……
心理士さん
多くは個性によるものです。幼稚園に入るころ(3〜4歳)になると、だんだん外のことに注意を向けられるようになって、お返事できるようになってきます。
にし子
成長を待つしかないところもあるんですね。
心理士さん
中には「人への関心」がもともと弱い子もいます。その場合は言葉の遅れなども見られることがあるので、人への興味や関心を育ててあげることが大事ですね。

走り回ることに過剰に反応しない・怒らない

注意しても全然聞かない!と困っているパパ・ママは多いと思いますが、「なんで言うこと聞かないの!」と怒鳴っても逆効果。

ますます「人への関心」が薄れてしまうかもしれません。

「今はなにを言っても仕方がない。いろんなことに興味があって、たくさんのことを吸収してる時期なんだ」

と前向きに捉えて対応することが大事なのかな、と感じます。

効果的な注意の仕方

走ってはいけない場所で走り回ったときは、

「ここは走ってはダメな場所だよ。走るならもう帰ろう」と冷静に言って、その場を去るのがいいそうです。

にし子
私は、走ったら追いかけて捕まえて、泣きじゃくっても強制退場してました。

※危ないときは本気で怒るか、体を拘束してでも止める必要があります。

ちなみにうちの子は3歳過ぎてから、ようやく落ち着いてきたかな、と感じました。問いかけへの返事もするようになり、イノシシのように駆け回ることは無くなりました。

走り回る子ども・落ち着きのない子どもは全体発達が重要

「人への興味や関心」を育ててあげることで、落ち着く力や言葉も育ってくるそうです。

心理士さんによると、「人への興味や関心」を育てるには「たくさん遊ぶこと」が重要とのことでした。

心理士さん
「大人と一緒に遊ぶと、一人だけで遊ぶときより面白い!」と子どもが感じることで、「人への興味や関心」が強まります。

特に、からだを使った乱暴な遊びをいっぱいすることで、言葉や落ち着く力が育つそうです。

【こちらの記事でも書いています】
言葉の発達を促す遊び・声かけとは?【臨床心理士さんから教わった効果的な方法】

不安があるときは、相談しよう

どうしても心配なことがあるときは、早めに専門家に相談するのが一番です。

心理士さん
心配なときは、まず健診時やかかりつけ医に相談してくださいね。
にし子
私はまず発達相談のダイヤルに電話しました!そのおかげで心理士さんと面談ができて、本当に良かったです!ありがとうございました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク