グラフィックデザイナーは絵が下手でもなれますよ【現役デザイナーが解説】

アイキャッチ画像 グラフィックデザイン

グラフィックデザイナーになりたいけど、絵が下手すぎる……。

デザイナーは絵が上手い人が多いから、自分にはなれないのかな。

と悩んでいる方へ向けた記事です。

タイトルでもすでに書きましたが、絵が下手でもグラフィックデザイナーになることは可能です。

私はグラフィックデザイナーとして12年の経験がありますが、

これまで絵が描けないグラフィックデザイナーにたくさん会いました。

にっしー
絵が描けなくても、みなさんデザイナーとしてきっちり仕事をこなしていましたよ。

私も絵が得意ではないですし、デッサンを猛勉強したわけでもありません。

なので、絵が下手でもデザイナーになれるのは間違いない事実でして、あまり気にすることはありません。

この記事では

  • 絵が下手だとデザイナーになれないと思われている理由
  • 絵が下手でもデザイナーになる方法

について詳しく書いていこうと思いますので、絵が下手でデザイナーの夢を諦めかけている人の後押しができたらうれしいです。

スポンサーリンク

絵が下手だとデザイナーになれないと思われている理由

絵を書いている手の写真

なぜか世間ではデザイナー=絵が上手いという考えている人が多いですよね。

その理由は

デザイナーには美大出身の人が多いからだと思います。

これはあくまで私の推測なのですが、

美大に入るにはデッサンの実技試験がありますので、デッサンの実技試験に受かった=絵が上手い人という図式ができているのだと思います。

デザイナー=美大=デッサン=絵が上手い

しかし、当然ながら全てのデザイナーが美大出身ではありませんし、中にはデッサンは中学校の授業でやっただけ、という人もいます。

デッサンは「ものを見る力」を鍛えるための訓練になるので、デッサンが上手いことはいいことですが、

にっしー
デザイナーになるための必須スキル、とまでは言えないかな、と思います

デッサンできる環境があれば、やった方がいいとは思います。

仕事でイラストをお願いされたら

グラフィックデザインの仕事をしていると、イラストが必要になることもあります。

イラストが必要になったときは、

  • イラストレーターに発注する
  • 社内の絵が上手い人に描いてもらう
  • フリー素材を使う

などいろいろな方法がありますので、たとえあなたが絵が下手でも、なにも気にする必要はありません。

伝わればOK

ラフスケッチなどでイラストを描く場合もありますが、この場合重要なのは「絵の完成度」ではなく、「きちんと伝わるか」です。

詳細が書き込んであるラフは魅力的ですが、「ここに人物を配置し、ここに文字を配置します」という「意図」が相手に伝わればOKです。

極端な例ですが、

絵が下手な人の例

これだけ書ければ、メガネかけた笑顔の人がピースサインして笑っているポスターだと分かります。

大事なのは「相手に伝わる程度の画力があるか」ということです。

 

【デザイナーには絵を描くのが好きな人が多いの?】

いきなり私の話で申し訳ないのですが、参考になればと思い書きました。

私は小さい頃から絵を描くのは好きで、図工や美術、デッサンも好きでした。

しかし、特別上手いという訳ではありません。

夫もグラフィックデザイナーですが、同じく絵を描くのが好きな子どもだったと言ってました。

デザイナーに絵を描くのが好きな人は多い傾向はあると思います。

 

スポンサーリンク

絵が下手なことを克服したいなら手を動かそう

絵が下手なことがコンプレックスで、少しでも絵が上手くなりたい、と考えている人もいると思います。

にっしー
イラストの上達方法はとにかく真似して描くことです。

描くといっても、何から始めたらいいのか分からない人は本の購入を検討してみてください。

本を買ったら、読みながら手を動かそう。

デッサンやイラストのスクールに通うのはお金もかかりますし、まずは本から始めるのがおすすめです。

おすすめはこちらの2冊。

どちらも丁寧に解説されていますし、上達していくのを実感できる内容だと思います。

絵が下手でもグラフィックデザイナーになる方法

美大を卒業しなくてもグラフィックデザイナーになれますので、安心してください。

グラフィックデザイナーになる方法についてはこちらの記事で詳しく書いてます。

【関連記事】未経験でも実績を作ればグラフィックデザイナーになれる【現役デザイナー直伝】

にっしー
グラフィックデザインに必要なのは、絵の上手さではなく、「情報を分かりやすく整理する力」と「その情報を見やすく提示する能力」だと思います。

【関連記事】グラフィックデザインのコツは情報を整理すること【現役デザイナー直伝!実例あり】

絵が下手でも問題ありませんので、グラフィックデザインの世界に飛び込んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク